先月、名古屋のカワイでずっと欲しかった楽譜をやっと手に入れました。

バルトークが校訂したバッハの平均律クラヴィーア曲集です。ムジカブダペスト社から出ていたものが長く絶版でしたが、再版になったようです。嬉しい😊

眺めては楽しんでいます。

自筆の楽譜が掲載されていたり、5声のフーガはスコアのように書かれていたり、アーティキュレーションや強弱、飽きることがありません。

曲順もバッハのオリジナルとは違い、とても興味深いです。