ショパン国際ピアノコンクール POLAND

2020年開催予定だったショパン国際ピアノコンクール、ポーランドはワルシャワで現在盛り上がっています✨✨✨

5年に1度、0の付く年と5の付く年に開催されている、最も注目される国際コンクールのひとつです。

1996年ポーランドに🇵🇱留学し、2000年には初めて現地でコンクールを全ステージ聴き、その後帰国してからも部分的に毎回聴きに行っていました。

今年も行く気で1次予選のチケットを用意していたのに、残念ながら叶わず😭😢😥

YouTubeで連日ライブ配信されているのを見て楽しんでいます。

時差が7時間あるので、せっかくのライブ配信もアーカイブで見ることが多いですが、会場の雰囲気がビシビシ伝わってきて興奮します。


過去に聴いたショパンコンクールでは
2000年(ユンディ・リ優勝)
中国勢のしなやかさに驚き
2005年(ラファウ・ブレハッチ)
まるでショパンが弾いているのかと思うようなブレハッチの気品
2010年(ユリアンナ・アヴデーエワ)
トリフォノフはじめロシア勢のタッチに驚愕
2015年(チョ・ソンジン)
シャルル・リシャール=アムランのあたたかな音楽に包まれる感動

などなど想い出はたくさん🇵🇱
毎回、もう人間にこれ以上はできないのでは?なんて思っていたけれど…

今回のこのレベルの高さ❣️
あまりに凄くて、画面の前に釘付けです。

先ほどお二方の2次予選を聴きました。
アレクサンダー・ガジェヴさん、小林愛実さん
素晴らしい音楽を本当にありがとうございます。




この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる