週末、プレトニョフの豊田市公演を聴いてきました。
1曲めのバッハ 前奏曲とフーガ イ短調 BWV543から音の魔力に取り憑かれて、まるで身体中に彼の音が染み渡っていくようでした。
幸せだったなぁ‥‥❤️
フーガの美しいテーマ、期待が高まる中美しいタイミングで重なっていく応答‥‥
至極のひと時でした。

後半のモーツァルトも、本当に凄かった!
凄かったなんていう言葉しか思いつかない。
モチーフを自在に生き物のように扱うのも凄かったし、連打が美しいのも凄かった❤️

本当に聴けてよかった。