先週末はカワイ四日市でレッスンしてきました。

11月28日のブルグミュラーコンクール三重県大会を前に企画してくださったレッスン、果たして見ず知らずの私のレッスンを受けてみようって思ってくださる方はみえるのか?と、お引き受けするにも不安でしかありませんでしたが、就学前から中学生までの生徒さんのレッスンをさせていただきました。

皆さん本当ーーによく準備されている!
素敵な演奏の数々でした。
一生懸命な表情で音楽に向かう生徒さんとの出会いが嬉しかったです。

25の練習曲、18の練習曲ともにあらゆる出版社の楽譜を持参したのですが、それでも生徒さんの持っている楽譜はまた違う出版社だったりして、ブルグミュラーがいかに日本で愛されて広まっているのかを感じる日でした。

原典版はともかく、フレージング、アーティキュレーション、強弱、ペダルは出版社によってことごとく全然違い、短い曲だけれども表現の方法も全く変わってしまう。
同じ出版社から出ていても違ったり。

やはり原典版から読み解く力を身につけていくのが大切だと、自らへの戒めを感じる日でもありました。