2月にスプリングコンサートが終わってもまだまだ寒さは続いていましたが、ときは巡り、桜が咲いて散り、樹々に新芽が吹き出す季節となりました。

季節はずれの写真とともに久しぶりの投稿です。

その間、新社会人になる生徒さんとのお別れ、遠くへ進学される生徒さんとの区切りとなるレッスンあり。
また新しい生徒さんとの出会いなどもあり、春のほの寂しさとあたたかさを心身ともに感じています。

3月には名古屋と奈良へ。
名古屋は『なごや青少年ピアノコンクール』
奈良は『あおによし音楽コンクール奈良』
それぞれのコンクールで受賞した生徒さんの記念コンサートを聴きに出かけました。

土地土地にたくさん素敵なコンクールがありますね。


受賞者の皆さんの演奏を聴き、感銘を受け、生徒さんの演奏を応援の気持ちで聴き、今までのレッスンで工夫し、乗り越えてきた数々の箇所を思い返し。

記念演奏会の後、奈良では久しぶりに法隆寺に立ち寄り、歴史に触れる時間を過ごせました。

回廊


虹梁(こうりょう)というそうな。梁がゆるやかに曲線を描いています。
柱の微妙なふくらみも柔らか。

ブラインドのよう、連子窓というそう。
窓越しに見える桜も美しかったなぁ。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる